結婚相談所 大阪|奈良 神戸 三宮 芦屋 兵庫 京都 関西 結婚を本気でお考えの方に結婚お任せ低料金 結婚相談所JMC


HOME > 結婚を本気でお考えの方に結婚お任せ低料金

結婚相談所 大阪 結婚を本気でお考えの方に結婚お任せ低料金

結婚相談所 大阪|神戸 芦屋 兵庫 奈良 京都 関西 結婚相談所JMC

結婚を本気でお考えの方には結婚お任せ低料金にて結婚相談を安心して結婚が決まるまで親身にお世話をさせていただいています。 結婚相談所JMCの 料金コース は、こちらをご覧下さい。

結婚をするには良いお出会いがあったとしてもご縁のものですから結婚が決まるまでには速くとも半年から1年位は掛かりますし、2年位とか、3年位掛かる方もおられます。また、5年位も掛かって結婚が決まられる方もおられます。それ故に、良心的な低料金システムとは入会時の初期費用が10万円位から20万円位で入会ができ、月会費や見合い費等は無料にてお世話をしてくれることが安心です。
1年間や2年間で結婚に至らない場合に、一年毎か二年毎に更新料や年会費等の費用、5万円位から10万円位で継続してお世話をしてくれることもとても大切です。結婚相手が決まった時に成功報酬制の成婚料を支払う料金システムをお薦めいたします。

 

 

 

幸せなあなたであるために

●条件は少なめに

たくさんの条件・理想だけを追いかけていては、敬遠されて相手にされなくなります。相手にも選ぶ条件があり、あなたは選ばれる立場でもあるのです。ご自身を客観的に見つめ、確実性のある方を上手に選ぶことです。

●あなたご自身の一生の問題

待つだけの消極的な姿勢では幸運は訪れません。積極的に外に出かけてみましょう。

●いろんな人と気軽に会ってみる

きっとあなたにふさわしい方との出会いがあります。まさに量縁の中から良縁は生まれるのです。

新鮮な出会いを演出する ワンポイントアドバイス

まずはリラックスしましょう。堅苦しさや緊張はせっかくの出会いの場の雰囲気を壊してしまいます。

  1. 結婚相談所JMC 第一印象は重要です第一印象は重要です。ふれあいのきっかけを大切に、余裕を持って待ち合わせ時間の15分前くらいには指定の場所へ行き、お相手を待ってあげましょう。時間にルーズなのは減点です。男性はスタイリッシュな印象のスーツで、女性はハイセンスかつ清潔な印象の服装で。
  2. 結婚相談所JMC 最初のごあいさつはていねいに最初のごあいさつはていねいに、そしてさわやかに。 「初めまして、○○です。よろしくお願いします」 「遠いところ、わざわざありがとうございます」など。
  3. 出会いの前に、お相手のプロフィール、ご家族状況、趣味などを確認しておき、共通の話題にふれられるよう心の準備もお忘れなく。
  4. 出会いの結果、フィーリングが合わない場合でも、お相手の人格を尊重して、礼儀をお忘れにならないよう終わりまできちんとお付き合いしましょう。
  5. お見合いを成功させるには、終始にこやかに、明るくハキハキと接しましょう。お相手の外見だけでなく中身、特に人間性を尊重し、見えない良い部分を見つけ出すようにしましょう。
  6. お見合い後は大切なお返事をしましょう。翌日の13:00までに、必ずご本人が結果報告を担当スタッフまでご連絡ください。
  7. 所属支社以外(他支社)でのお見合いの場合、ご紹介立ち会いの担当スタッフにも「初めまして○○です。本日はお世話になります。よろしくお願いします」といったごあいさつをしていただくと、好印象につながります。担当スタッフは、その後のお相手フォローにも本気でバックアップしてくれる心強い味方です。
  • お見合いは、あなたの日常が反映されるもの。職場でも、道を歩くときも、どんなところでも人は黙って評価しています。
  • お見合いの結果、迷っている場合は、1〜2度お付き合いした後お断りしても遅くはありません。たった一度のお付き合いだけで、すべてを評価するのは早計です。ご縁を大切に考えれば、きっとご縁がつながるはず。
  • 結婚相談所JMCでのお見合いは、見合い恋愛へと発展する男女の感性と価値観を共にするための出会いきっかけです。緊張しすぎて笑顔を忘れないよう、明るいムードで気楽なお付き合いを。
  • お見合いの時刻に遅れては、いい加減な人物だと誤解されるもとです。大切な出会いの印象を悪くしてしまいます。また、服装・言葉遣い・マナーによって人の印象は90%決まると言われています。特に服装は清潔感のあるものを選びましょう。デートの時のお食事も雰囲気のいいお店でムードを盛り上げましょう。次もまた会いたい、そんな印象と余韻を残して。

お見合い当日のアドバイス

お見合い前日にもう一度確認していただきたい事項を掲載しております。今一度よくチェックし、お見合いに臨んでください。

A. 前日までにもう一度確認しておきたいこと
ご紹介支社の場所と交通機関、所要時間、お見合いの時間、お相手の氏名と事前情報の再確認。
B. 服装を再度チェック
一生を共にするかも知れない人との第一印象に感性の投資をしましょう。
(男性)ワイシャツの襟、ネクタイ、ハンカチ、髪、ツメや靴下、靴、スーツ、タイピンなどのセンスは大丈夫ですか。
(女性)見栄や虚栄は敬遠されます。ブランドもの、アクセサリーはほどほどに。ヘアメーク、口紅やマニキュアの色、バッグと靴、服全体のカラーや柄のコーディネートなど、女らしく清潔なイメージとセンスの良さは、男性共通の願望です。
C. お見合いの時刻には、余裕を持って
約束の時間より20分くらい前に待ち合わせ場所に行きましょう。
特に男性は女性を待つ心のゆとりを持てると頼もしい限りです。
D. 自己紹介は、親しみを込めてはっきりと
目と目を合わせ、きちんと自分の名前を告げましょう。
E. 喫煙時はマナーに注意しましょう
結婚相談所JMC 喫煙時はマナーに注意しましょうお見合い、デート中はできれば控えた方が無難です。どうしても喫煙する際は、お相手にひと言お断りしたうえで、煙の流れる方向、吸い方、しぐさ、吸った後の灰の始末など、吸わない人の立場を思う心配りを。嫌悪感など与えないよう注意しましょう。
F. 初デートの場所、費用などはできるだけ男性側が負担しましょう
女性はそれを当たり前とせず、お礼の言葉や心遣いを。
G. 初デートは、20:00くらいまでに女性が帰宅できる配慮を
どんなに意気投合しても、ご両親の思いを忘れないで。また会いたい、そんな余韻とときめきを残せたなら最高です。
H. お見合い中やデート中の会話のタブー
「なぜ今まで結婚しなかったのか」「JMCになぜ入会したのか」「今までどれくらいの人とお見合いしたのか」などの内容はタブーです。また、直接連絡先を教え合うことはルール違反となりますので、ご遠慮ください。
I. お見合いの後の結果報告は早いほど効果的
遅くても、翌日の13:00までに担当スタッフにご連絡ください。格好をつけたり、駆け引きはせず、率直な思いを素直な気持ちで伝えることが好感を持たれることにつながります。特に女性は気持ちの上でも受け身になりがちなので、積極的に自分の気持ちを伝えましょう。

ご交際が始まったら

ご交際に入ったらまず、ありがとうの気持ちを率直に相手に伝えましょう。ご家族の方にも、ご交際のお相手であることを知らせておいて、失礼にならないよう配慮して。デートはあまり間隔をおかず、気持ちが熱いうちに約束を交わし、関係をあたためてください。

お見合い後のデートが大切です。本来のあなたのお人柄を十分お相手に伝えられれば最高です。ありのままの、普段のあなたを見ていただきましょう。

 こころときめく素晴らしいご交際を!ふれあい、そして素晴らしい愛を育てる過程を軽視してはいけません。はじめて出会った男女がそれからの方向を決めるためには、努力することが大切。相手に心を開いて積極的になりましょう!言葉だけでなく、あなたの誠実さ、優しさ、見えない心遣いが相手にとっては嬉しいこと。4〜5回目のデートのころが成功ステップへの重要な時期です。ふたりだけで勝手に進まず、この時点で必ずご相談ください。

好感をもたれるのは、あなたのお人柄です。「この人となら一生を共に」という気持ちが高まったら、ためらわずに意思表示を!

もしご縁がなかった場合でも、あの人はとてもいい人だったと惜しまれるような印象を残せますか?担当スタッフにも好印象なら、きっとまたご縁が生まれます。またデート中は、例えお断りする気持ちの場合でも相手に対する心遣いとして最低2時間ぐらいはご一緒するくらいのマナーを持ちましょう。

ご交際中の経過連絡はマメなほど、好結果が生まれます。自分一人で解決できないことや結論が出せない時は、担当スタッフにどんなことでもご相談ください。本音(真実)ほど強いものはありません。あなたの一生を決める問題ですから、自分の気持ちを偽らず本音で話し合ってください。

ご交際中の報告は、とても大切です。細かなご報告とタイミングで成否が決まります。結婚相談所JMCがしっかりバックアップします。お断りする時は、交際に入ってから3〜4回目に会ったときくらいまでに。その時は、結婚相談所JMCが間に入って上手にお断りいたします。

結婚調査はお見合いの後で。内容についてはパートナーデータ(PD)でお見合い前にご検討・ご理解のうえですから、後からの方が無駄がありません。結婚相談所JMCのシステムは、豊富な経験を生かした合理的プロセス管理。ご安心してご利用いただけるものと確信しております。

ご交際中のアドバイス

 初デートの印象を大切に。それが後の意志決定を大きく左右します
待ち合わせ時刻の遅刻、お酒の飲み過ぎ、不潔な印象など、人間性がささいなことで問われます。十分気をつけましょう。
 結婚相談所JMC ご交際中のアドバイス自慢話はタブー。相手の話によく耳を傾けること
自分の家柄や家族、会社、仕事など一方的にまくしたてないこと。気配りを持って、相手の話を真剣に受け止める態度、相手を受け入れる姿勢で、自分の好みを押しつけないようにしましょう。

 自分の魅力は小出しにすること
まずは明るく振る舞うこと。次は趣味、特技などを少しずつ相手に伝えて、お互いの理解を深めていくこと。一度に全部出してしまうと、後が続きません。
 結婚への焦りを見せるのは禁物
虚栄心や見栄が相手を疲れさせ、失望させるケースは多くあります。外見、フィーリングだけにこだわる女性や、「収入は?」「家族は?」と条件ばかりの話で主導権を握ろうとする女性は、物欲・焦り・条件と結婚する人だと誤解されるもとです。
 結婚相談所JMC 心と心の結びつきを大切に心と心の結びつきを大切に
男女の出会いはロマンチックな「感性の出会い」であってほしい。特に男性ほどロマンチストであるはずなのに、条件的なことや現実的な話題に集中しすぎたり、何もかも正直に出し過ぎては失敗してしまいます。夢の部分があってこそ思いも深まるもの。美しいベールに包み、ふれあいの土壌を大切に育てましょう。

 優柔不断な人、顔かたちにこだわる人ほど縁遠い
交際を大切にしたいと望みながらも、自分から行動せず、ひたすら相手からの連絡を待つ人は、手応えがなく日々にうとくなります。 優柔不断や受け身に徹しているほど結婚が遠ざかります。適齢期を過ぎるほど不利になることを認識し、しっかりとした目的意識を持つことが大切です。

絶対条件はひとつに絞ること
理想はあくまでも理想。100%満たされるのは不可能です。結婚の本質、人間としての価値に改めて目を向けてみましょう。見た目では人は測れません。
ウケる男性
伸びる男性は、仕事のできる男性。職種を問わず自分の仕事が好きなことが第一条件。仕事や人生に対して誇りと向上心があり、また仕事以外に何か一つは趣味を持っていること。さらにスポーツや音楽を愛する男性は、美しく磨かれた女性と結ばれます。
敬遠される男性
仕事一筋のまじめ人間では、ユーモア感覚がなく、人間的なあたたかみに欠けるのではないかと敬遠されます。また、職場の不満、上司の批判、転職の話題などは相手を失望させてしまいます。 また、流行やファッションだけに敏感な男性や、遊んで楽しいだけの男性は、仕事まで趣味的と誤解されます。やはり結婚は本質的に、人格も、生活の基盤も安定していることがベストなのです。
いつまでも余韻を残すデートであること
会うほどに新鮮で、心に残るふれあいを育てましょう。好意は素直に認め合い、思いやり、いたわりの心を忘れないこと。
再婚の場合
あまり過去にこだわらないこと。先妻先夫への未練、思い出、もめごとなどは絶対に話題にしないこと。別れた相手の中傷批判も人格を寂しくします。 再婚の人ほど、人生の表裏も心の痛みもわかり、結婚の本質に目覚めているはず。離婚の場合、自分にも非があったことを素直に認め、求める前に与えられる度量に成長していきましょう。 年齢を問わず一人の男性として、女性としてお互いを認めることが出発点です。

あなたはどのタイプ?

良縁に恵まれる方のタイプ

  • 謙虚な方(自分をよく知っている方)
  • 相手の中身を大切する方
  • 自信と思いやりのある方
  • 明るく、素直な方
  • 積極性、集中力のある方

縁遠い方のタイプ

  • 求めることが多く、自分を高く評価しすぎる方
  • 情熱のない方
  • 優柔不断の方
  • 条件、外見にとらわれすぎる方
  • 人の心の痛みがわからない方(自己中心的)
  • ダラダラ型

 

 

 

 

※ 結婚相談所-JMCグループ 利用資格-男性は22歳以上の定職をお持ちの方 女性は20歳以上の方
※ ご利用には公的証明提出による本人確認、独身証明等の提出が必須となっております。

 

JMC-日本結婚相談所協会について のご案内は、こちらから

 

JMCのフランチャイズ加盟-仲人さん募集! 独立 開業 副業 のご案内は、こちらから

 

ページトップ

 

JMC-日本結婚相談所協会